grape [susanvip]

二宮和也がソロで仕事を受ける条件にネット騒然 「愛がすごい」「涙が出た」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2019年9月28日に放送されたバラエティ番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、嵐の二宮和也さんの発言に反響が寄せられています。

二宮和也「特に興味はなかった」

番組内の企画では、嵐に起きた重大な事件を年表で発表。

2006年に上映された映画『硫黄島からの手紙』で、ジャニーズ初のハリウッドデビューを果たした二宮さんを紹介していました。

当初、ハリウッド映画などには興味がなかったという二宮さん。

有名なクリント・イーストウッド監督に会い、テレビで話すネタにするためにオーディションを受けに行ったそうです。

あの人(監督)がどういうことをいったとか、どういう服を着てたとか、どういうことで会場を回していたとか、そいうことをテレビでいうために(オーディションを)受けた。

嵐にしやがれ ーより引用

この話を聞いた風間俊介さんは、映画の記者会見時の二宮さんの対応に注目。二宮さんのある言動に感動したといいます。

本当にすごいなと思ったのが、記者会見でニノがしゃべっているわけですよ。 外国の記者の人たちと。

質問されている時に、「俳優としての」って質問されるたびに「僕は俳優じゃないんです。5人でグループをやっている日本のアイドルなんです」って。海外の人がイライラするくらい(否定していた)。

(記者が)「俳優、俳優」っていってんのに、そのたびにそれを否定していたのが「すげぇな」と思って。

嵐にしやがれ ーより引用

記者から「俳優」といわれても「日本のアイドルグループだ」といい張った二宮さん。

そこには、このような思いがあったようです。

ソロの仕事は5人に還元してなんぼだから。「5人に還元できないならやりません」って事務所にもいっている。

だからそうやっていわれて「俳優としての道をこれから歩んでいくんですか?」みたいにいわれても「いやいや、そんなんじゃなくて、僕はこういう仕事をしているんで」っていうことをその時はいっちゃったんだね。

嵐にしやがれ ーより引用

二宮さんは「嵐のメンバーに還元できるものがなければ、ソロでは活動しない」といっていたというのです。

グループへの愛情にあふれた二宮さんの発言に、ネット上ではこのような声が上がっていました。

・グループを本当に大切にしていることが伝わってきた。

・「アイドルだ」といい続けたことが素敵ですよね。

・グループを大事にしている二宮さんの発言に涙が出ました。

・二宮くんの『嵐』への愛が素晴らしすぎる。

自分のことよりも、グループ全体のことを考えている二宮さん。グループの仲のよさが伝わってくる素敵なエピソードですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
嵐にしやがれ

Share Tweet LINE コメント

page
top