grape [susanvip]

生理前に精神が不安定になっていた女性 エッセイ漫画に共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

生理が近付くと、イライラや不安感などに悩まされる人がいます。中には状態が深刻で、日常生活に支障をきたしている人も。

そういう人は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)である可能性があります。

【PMS(月経前症候群)・PMDD(月経前不快気分障害)】

PMSとは、生理の数週間前や終わった直後に見られる、精神的・身体的に不快な症状が現れる病気。

より精神症状が重いものがPMDDと診断される。

ブロガーのなおたろーさんも、生理前に精神状態が不安定になり、苦しんでいた1人です。

なおたろーさんが、どのように最悪な状態から抜け出したのかをご紹介します。

『PMDD体験記』私の異変

「普段明るい性格だからこそ、誰にもこんな姿を知られたくない」と思っていた、なおたろーさん。

夜になるとネガティブな考えに支配され、涙を流しては自傷行為を繰り返していました。

この時、次のような症状が出ていたそうです。

当時、なおたろーさんは自身の状態を普通だと思っていたそうです。

恐怖を消すために身体に痛みを与え、必死に耐えていました。

出典
男児2人に振り回され隊!

Share Tweet LINE コメント

page
top